サイトマッププライバシーポリシー
MENU
1人で!みんなで!Let’s トレパチ!
効果 レジャー & 脳トレ & 運動レジャー & 脳トレ & 運動
認知機能の低下を予防するのに有効とされるのは、規則正しい食生活と、アタマやカラダを動かすこと。
地中海食が理想的な食事といわれ、野菜やω3脂肪酸を積極的に摂取するのが望ましいとされています。
適度な運動やレジャー、認知的トレーニングといった活動と組み合わせることで予防効果が高まります。
娯楽の王様であるパチンコに、運動機能と脳トレ機能を加えた「トレパチ!」で、認知症を予防しましょう。
認知機能をトレーニング認知機能をトレーニング 「トレパチ!」は、専門家によるアドバイスをもとに開発されており、一連のゲームの中に「認知機能の低下を予防する効果がある」と言われる要素を数多く搭載しています。
ボタンを使用して絵柄を揃える各種チャレンジゲームには、認知機能6領域のうちの、「複雑性注意」と「実行機能」、「知覚-運動」を鍛える効果があると考えられています。
「ボタンdeチャレンジ」では「知覚-運動」のうちの特に視覚面を、「連打deチャレンジ」では反応速度面を、「リズムdeチャレンジ」では聴覚面の鍛錬を行うことが可能となっています。
運動機能をトレーニング運動機能をトレーニング 適度な運動は、身体だけではなく脳にもほどよい刺激を与えることが医学的に立証されており、認知機能の鍛錬にはウォーキングや軽いジョギング、サイクリングやエアロビクスといった有酸素運動が効果的と言われています。
大切なのは高い頻度で継続すること。強い運動を週1回やるよりも、20~30分程度の運動を週3~4回ほど行う方がよく、できれば毎日行うのが理想ですが、意志が強くないと長続きしないのもまた事実です。
脚の筋力を鍛えるということ脚の筋力を鍛えるということ ほとんどの場合、加齢による身体の衰えは足から始まります。足の衰えは行動の衰え、行動量の低下が寝たきりや認知症を誘発する大きな要因であることは広く知られています。
足漕ぎペダルやエアロバイク、自走式のウォーキングマシンといった運動器具と連動した「エアロビック・トレパチ」ならこうした脚部の筋力トレーニングを兼ねることが可能です。
楽しさは長続きのコツ楽しさは長続きのコツ 認知機能のトレーニングであれ、運動機能のトレーニングであれ、何より大切なのは長く続けること。
アタマやカラダにいいことは分かっていても、苦しいだけでは長続きせず、結果的に望ましい効果も期待できません。
福祉向けパチンコ「トレパチ!」の一連のゲームの中には、リハビリ効果を促進する「やる気」・「楽しさ」(側座核・線条体の活性化)が期待できる工夫や、各領域の鍛錬に集中しやすい配慮などが盛り込まれています。

レンタルでお手軽に

「トレパチ!」は、最短1ヶ月間からレンタルにてお手軽にご利用いただけます。
長期間のご利用と複数台のご使用については、料金が割引となり更にお得です。
効果的な活用方法や設置場所の選定など、私たちが全力でサポートいたします。
お問い合わせはコチラから